敏感肌のケア

敏感肌のケアはどのように行ったらいいの?

敏感肌のケアは体の内と外からの両方面から行っていきましょう。刺激に敏感な肌はスキンケアの刺激に注意しながら行っていく必要があるため、どうしても使用できるスキンケア製品やケア方法に制限が出てきます。いくら保湿が必要だからといって化粧水、美容液、乳液などさまざまなスキンケア製品を使用するとその負担でますます悪化してしまう恐れがあるからです。それを防ぐためにも内からのケアもうまく取り入れていくことが大事なのです。

スキンケアのしすぎに注意し、シンプルなケアを!洗顔方法も見直そう!

まず外からのケアでは洗顔方法を改めること。低刺激でできるだけ肌に優しい洗顔料を選んだうえで強く摩擦して洗わないよう心がけましょう。よく泡立てたうえで泡の吸着力で汚れを落としていくのが大前提です。その際指は肌に軽く触れる程度で十分です。アミノ酸など低刺激でマイルドな洗い心地の洗顔料がオススメです。

 

それからすでに触れたようにスキンケアのしすぎに注意し、シンプルなケアを心がけること。スキンケア製品を使用すればするほど肌への負担が大きくなります。これは合成界面活性剤や防腐剤といった添加物の問題だけでなく、有効成分といえども配合されている種類が多くなればなるほど肌への刺激が強くなるのです。保湿成分と殺菌成分、必要に応じたUVカット効果をメインに最小限のケアで最大限の効果が得られるスキンケア環境づくりを心がけていきましょう。一度で一通りのスキンケアを行うことができるオールインワン化粧品などもオススメです。

食生活や適度な運動、生活習慣や睡眠環境も改めよう!

一方内からのケアではヒアルロン酸コラーゲンといった保湿成分を補うほか、まず根本的な肌作りに役立つ成分をしっかり摂取していくことが大事です。肌の原材料となるたんぱく質アミノ酸、これらの原料を皮膚への換える際に必要なビタミンB群亜鉛、さらにターンオーバーを促すビタミンCレチノールビタミンEなど。サプリメントで摂取するのもよいですが、まずは食生活でできるだけカバーできるよう食生活の改善を目指しましょう。

 

加えて適度な運動や規則正しい生活と睡眠環境など生活習慣を改めることで敏感肌を改善していくことが可能です。スキンケアを基本にしつつそれだけに頼らないケア方法を自分なりに整えていきたいところです。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング