敏感肌の原因

敏感肌の原因とは?

敏感肌の原因は先天的な部分と後天的な部分の二つがあります。つまり生まれつき刺激に敏感な方がいる一方、もともとは健康な肌なのに敏感肌になってしまうケースもあるのです。さらにもともと敏感肌の方が日々の生活の中でますます悪化してしまうこともあります。現代社会では先天的な理由よりも後天的な理由のほうが原因として多く見られるといわれているだけに、原因の把握と適切な対策が求められます。

乾燥や紫外線のダメージが大きな原因。保湿が重要なポイント!

敏感肌の原因としてまず挙げられるのが乾燥です。人間の肌は年齢を重ねていくにつれて乾燥していきます。これはセラミドヒアルロン酸コラーゲンといった保湿成分の含有量が減少していくのが主な原因なのですが、肌の水分が失われないようフタをしているこれらの保湿成分が減少していくことで外部からの刺激の侵入を防ぐバリア機能も低下していきます。老化は避けられないものですから、いかに老化の進行をできるだけ防ぎ、保湿によって乾燥を改善するかが敏感肌対策の重要なポイントとなるのです。

 

もうひとつは紫外線のダメージ。これもバリア機能と関わってくるポイントですが、紫外線を浴びるとそのダメージから肌を保護するため活性酸素が増加します。この活性酸素は細胞を酸化(老化)させてしまう作用もあるため、老化による乾燥が進んでいくのです。バリア機能が低下すれば紫外線のダメージを受けやすくなりますし、そのダメージが大きくなればますます乾燥によるバリア機能の低下が進んでいく…という悪循環に陥ってしまう恐れもあります。

誤ったスキンケアや食生活、睡眠不足なども敏感肌をもたらす

もうひとつ注意したいのが誤ったスキンケアです。とくに現代人は清潔意識が過剰なため、洗顔の際に一生懸命汚れを落としてしまいがちです。その結果皮膚表面でバリア機能を担っている皮脂膜を除去してしまったり、摩擦によるダメージを与えてしまうことが多いのです。あるいは洗顔料や化粧水、美容液などに肌に合わない刺激の強い成分が使用されていることでトラブルが生じることもあります。

 

他にも栄養バランスが偏った食生活睡眠不足なども敏感肌をもたらす原因です。それだけに対策の際には肌の健康状態そのものに配慮しながら広く原因を改めていく努力が必要になるのです。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング