敏感肌とは

そもそも敏感肌ってどんな肌のことを言うの?

敏感肌とはその名の通り刺激に対して敏感になってしまった状態のことです。どの程度敏感なのかは人によってかなりの個人差があり、ひと通りのスキンケアはできるという方からちょっとした刺激、それこそ洗顔の際の摩擦や前髪の刺激だけで炎症を起こしてしまうケースまで見られます。

刺激に対して敏感になってしまった状態の肌、原因は複数の要因が。

この敏感肌の直接の原因はバリア機能の低下にあります。肌には外部からの刺激から守るためのバリア機能が備わっているのですが、それが低下することによって刺激を受けやすい状態になってしまうのです。

 

問題なのはなぜバリア機能が低下するのかという問題です。この点こそ敏感肌の症状に個人差が見られる大きな要因ともなっています。老化による衰えのほか栄養バランスが偏った食生活誤ったスキンケアなどが原因として考えられますが、大半のケースでは原因はひとつではなく複数の要因が複雑に絡み合う形で発生します。それだけに対策が難しいのも厄介なところです。

 

さらに厄介なのは対策が思うようにできないこと。刺激に敏感になってしまうとスキンケア製品そのものが思うように使うことができなくなります。そのため敏感肌対策を行おうにも使える製品が限られてしまうわけです。それだけに症状が悪化する前、できるだけ早い段階で適切な対策を行っておく必要があります。

アレルギーがきっかけで炎症を起こし、敏感肌になることも

敏感肌に関してはもうひとつ、アレルギーの問題にも注意が必要です。花粉症ハウスダストといったアレルギー反応をもたらすアレルゲンがきっかけで肌が炎症を起こしたり治ったりといった不安定な状況になってしまうと刺激に対して敏感な状態になります。さらにアレルゲンはスキンケア製品の中に含まれているケースも見られるほか、誤ったスキンケアによってバリア機能を低下させてしまうことで健康な状態なら発症しないアレルギーが生じるケースもあります。このような微妙なバランスで保たれている肌の健康とバリア機能が乱れてしまうことによって敏感肌が起こるため、対策の際にも肌環境の根本的な改善が求められます。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング