敏感肌用化粧品

肌の負担にならないように添加物があまり使用されていなかったり、植物由来成分が使われている

敏感肌化粧水敏感肌化粧品

敏感肌に悩まされる方が増えている影響もあって敏感肌用に配慮して作られた化粧品が増えています。現代人は生活習慣の乱れやストレスなどの影響で敏感肌に陥りやすく、また過剰なスキンケアが症状を悪化させることも多いため、こうした敏感肌用化粧品の需要が高まっている状況なのです。

 

では敏感肌用化粧品と普通の化粧品の間にはどのような違いがあるのでしょうか。じつは配合成分を比較してみるとそれほど変わらないケースも少なくありません。保湿成分や抗酸化成分をメインにした製品が多いため、実際のところ何が違うのかと感じることもしばしば。

 

敏感肌の方が違いとしてまず把握しておくべきなのは肌への刺激の少なさです。敏感肌用化粧品は刺激に対して過剰に反応してしまう肌に合わせて低刺激な内容になっています。とくに添加物があまり使用されていない点が大きな特徴となるでしょう。石油系の合成界面活性剤はもちろん、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンなどが不使用の製品が多く見られます。こうした添加物の負担が肌に蓄積することでさまざまなトラブルを引き起こしてしまうことも多いので重要なポイントです。ただ、添加物は製品の品質を維持したり製造コストを下げるために使われるため、使用されていない分敏感肌用化粧品は価格が少々高めです。

 

有効成分も安全性に配慮しているものが多く、植物由来の天然成分を主成分にしているものが人気です。注意したいのは植物由来の成分だから必ず安全というわけでは必ずしもいえず、肌質との相性によっては肌荒れの原因となったり、アレルギーを引き起こす可能性もあることです。敏感肌用化粧品だから大丈夫、ではなく、実際に使ってみたうえで本当に大丈夫なのかどうかを最終的に判断するよう心がけましょう。

 

あとは保湿成分の含有量が多いこと、炎症・肌荒れ対策に殺菌・抗炎症成分が配合されている点も敏感肌用化粧品と普通の化粧品の違いとして挙げられるでしょう。普通の化粧品は敏感肌には適さない、とは必ずしもいえない面もあるのでイメージだけに惑わされず違いをよく把握したうえで本当に自分に適した化粧品を選ぶことが大事です。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング