敏感肌とエイジングケア

敏感肌の原因・乾燥と老化は密接な関係があるので、1つのケアで両方の対策ができる物を

敏感肌化粧水敏感肌エイジングケア

敏感肌ケアとエイジングケアは両立できるのか、これは可能かどうかではなくぜひとも両立させていかなければならないテーマです。敏感肌の原因がそもそも老化にあるケースも多いですし、敏感肌をそのままにしておくと老化がどんどん進行してしまう面もあるからです。

 

ほとんどの敏感肌は乾燥肌が加速した結果として生じます。乾燥とともに進行していくバリア機能の低下が外部からの刺激に対して過敏に反応する状態を作り出してしまうからです。そして乾燥は老化とも深く関わっています。30歳前後から肌に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくことで水分を保持する能力が低下していきます。その結果として乾燥とバリア機能の低下が進んでいくわけですが、厄介なのはバリア機能が低下して刺激を受けやすくなると活性酸素が増加する点です。活性酸素が増加すると今度は老化がますます進行するようになってしまい、老化から乾燥、さらに乾燥から老化が進んでいくという悪循環に陥ってしまいます。

 

つまり敏感肌の方は刺激によって活性酸素が生じやすく、老化が進みやすい状態に晒されているのです。そのためできるだけ敏感な肌を日々のケアの中で改善していかないとどんどん老化していってしまいますし、老化がますます乾燥とバリア機能の低下をもたらして敏感な状態を悪化させてしまいます。

 

ですから敏感肌ケアとエイジングケアは両立させるというよりも同時進行で、しかも別々ではなくひとつのケアが両方にも効果を発揮するような形で行っていくのが理想的です。そのためにも保湿対策が最大のポイントとなるでしょう。老化がもたらす保湿成分の減少を補い、バリア機能を改善する。これがすべてのスタートとなるわけです。とくにセラミドは保湿とバリア機能両方に大きな役割を担っているのでスキンケア製品でうまく補いましょう。この成分は脂溶性なので美容液だけでなく油分が多い乳液やクリームでうまく補っていくのがコツです。

 

そのうえでターンオーバーの活性化や活性酸素を抑制する抗酸化作用を備えた成分を補っていけば敏感肌ケアとエイジングケアを両立させながら肌環境そのものを改善していくことができるはずです。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング