敏感肌とファンデーション

パウダーファンデーションやミネラルファンデーションをパフとブラシを使い分けて塗布する

敏感肌化粧水敏感肌ファンデーション

スキンケアが難しいといわれる敏感肌ですが、とくに肌への影響が気になるのがファンデーションです。敏感肌がひどくてファンデーションが使えずにメイクもままならない、という方も多いでしょうし、肌荒れを隠そうとついつい厚塗りになってしまいますます肌環境を悪化させてしまっている、というケースも少なくありません(参照:敏感肌とファンデーション)。

 

そんな敏感肌のファンデーション選びのポイントはまず刺激と密着力が強い油分ができるだけ含まれていないものを選ぶことです。密着力が優れたファンデーションはカバー力があるうえに化粧崩れを起こしにくいので使いやすいのですが、その一方で落とすのが大変でクレンジングの際には大きな負担になってしまいます。リキッドファンデーションは塗りやすさもあって敏感肌に適している印象もありますが、油分が多いため実際にはあまり適さないといいます。

 

この点を考慮するとパウダータイプがもっとも適しているといわれています。粉末状なので油分が含まれておらず、密着力もそれほどではないので落とすのが簡単です。クレンジングをせず洗顔だけで落とすことができる製品もありますし、そうでない場合でもミルクタイプなど低刺激なクレンジング剤、あるいは乳液を代用して落とすことができます。

 

ただし、パウダータイプには大きな難点もひとつあります。それは塗付する際に肌に刺激を与えてしまうことです。パウダーを塗付するためにパフかブラシを使う必要があるわけですが、その摩擦が敏感肌に負担をかけてしまうのです。ですから塗り方、パフとブラシの使い方に注意して使っていくことが非常に重要です。また、メイクをするシチュエーションに合わせてパフとブラシを使い分けるのもポイントです。基本的にはパフの方がしっかりと塗付できる一方、厚塗りになる傾向があるので普段はブラシで、フォーマルな場などでしっかりメイクをする必要がある場合にはパフを使用するといった使い分けをしてみましょう。

 

最近では添加物が使用されていないミネラルファンデーションが人気を集めており、これも敏感肌にお勧めの選択肢となっています。肌への刺激が少なければ少ないほど化粧崩れを起こしやすい点に注意しつつ、自分の肌でも無理なく使用できるものを選んでいきましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング