敏感肌と日焼け止め

日焼け止めの成分には紫外線吸収剤と拡散剤の2種類がある

敏感肌化粧水敏感肌日焼け止め

敏感肌のスキンケアでは日焼け止め対策が必須ですが、注意したいのは紫外線をカットすればよいわけではなく、日焼け止めそのものの刺激もできるだけ避けなければならないことです。日焼け止めは一般的に優れたUVカット効果があればあるほど肌への刺激が強いため、紫外線対策ばかりを意識して選んでしまうと日焼け止めの負担で肌環境が悪化してしまう恐れがあるのです。

 

ですから敏感肌でも使え、しかも紫外線対策に役立つ製品を選んでいくことが大事です。そんな日焼け止めの選び方でまず重要になるのが紫外線を防ぐために使用されている成分の種類です。大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線拡散剤の2種類がありますが、それぞれ紫外線を防ぐメカニズムが異なるほか、肌への影響にも違いが見られるのです。

 

敏感肌の方に注意が必要なのはそのうち紫外線吸収剤です。これは肌に浴びた紫外線を吸収し、化学反応させることで変化させて刺激を避けるメカニズムが働く点が大きな特徴です。優れた効果を備えていること、さっぱりした使い心地で崩れにくいといったメリットを備えている一方、化学反応の際に肌に負担をかけてしまうという大きなマイナス点も備えています。この肌への負担は敏感肌には向かないといわれており、推奨されていません。

 

一方紫外線拡散剤は塗付した成分が肌の表面で紫外線を反射・拡散させることで刺激を避けるメカニズムです。効果が吸収剤に比べてやや劣る、ベタつきやすいといった難点もありますが、肌への負担が少ないので敏感肌の方には適しているといいます

 

この点を踏まえたうえでケースバイケースで適した日焼け止めを使用するよう心がけましょう。最小限の負担で最大限の効果を得るためには浴びる日差しと紫外線に合わせて適切な日焼け止めを使い分けることが必要です。日常の外出時とアウトドアでのレジャーでは浴びる紫外線の量も大きく異なりますから、適切なSPF、PAの製品を選んで使い分けるよう心がけましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング