敏感肌とクレンジング

それぞれのアイテムの中でも低刺激なミルク・クリームタイプや固形石鹸を選ぶ

敏感肌化粧水敏感肌クレンジング

敏感肌にとってクレンジングと洗顔の二度洗いは肌に負担をかけてしまう大きな不安の種です。かといってしっかりメイクを落とさないと今度は肌に残ったメイクが肌の負担となってしまいます。それだけに敏感肌はいかに肌に負担をかけずにクレンジングを洗顔を行っていけるかが毎日のスキンケアにおける鍵といえます。

 

クレンジングに関しては優しい方法よりもまず優しい製品を使用することが大前提です。洗浄力に優れたオイルタイプは肌への負担も大きいので敏感肌の方は避けた方がよいでしょう。より低刺激なミルクタイプ、クリームタイプを使用するのがお勧めです。

 

また、ケースバイケースでクレンジングを使い分けるのも大事なポイントです。例えば濃い目のアイメイクを行った場合には無理してクレンジングだけで落とそうとせずにリムーバーもうまく活用しながら落としていきましょう。また薄いメイクだけで済ませた場合にはクレンジング剤ではなく乳液で落とすのもよい方法です。このようにメイクの状況に合わせてもっとも肌に優しい方法を選んでいくのがポイントです。

 

肌に優しい製品を選ぶという点では洗顔料選びも同様ですが、こちらは方法が重要なポイントとなってきます。絶対条件は指でゴシゴシと擦って洗わないこと。いくら低刺激な洗顔料を使用しても洗い方が間違っているのでは敏感肌をさらに傷めてしまいます。ゴシゴシと洗わないためのポイントはよく泡立てること。泡の吸着力で汚れを浮き上がらせて落としていくのが正しい洗い方です。理想としては指は軽く肌に触れる程度、泡をしっかりと肌に密着させながら洗っていける方法を心がけましょう

 

なお、泡立ちやすさを重視する場合にはフォームタイプや泡タイプよりも固形石鹸の方が適しています。泡立てるまでに時間と手間がかかりますが、濃密で長持ちする泡ができるので最後まで指で擦らずに洗っていくことができます。この泡立ての工夫も敏感肌の洗顔方法の一環として踏まえておくようにしましょう。

 

肌に刺激を与えないという点ではすすぎの際にあまり熱いお湯で洗い流さないこと、タオルで拭く際にも擦らずに顔に押し当てて水分を吸い取るやり方を心がけることなどが大事です。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング