敏感肌とは

乾燥によってバリア機能が低下した状態の肌が敏感肌

敏感肌化粧水敏感肌とは

自分は敏感肌だからスキンケアに苦労している、という方も多いはずです。このようにちょっとした刺激で肌に違和感が生じたり、突っ張り感やピリピリしたような状態に落ちってしまう肌を敏感肌を言います。誤ったスキンケアや紫外線など外部からの刺激の影響で炎症を起こしてしまうケースが多いのも大きな特徴です。

 

この敏感肌の問題点は肌のバリア機能が低下していることです。もともと肌には外部からの刺激から保護するバリア機能が働いています。これが機能していることで紫外線や雑菌といった刺激を受けても健康な状態を維持することができるのですが、敏感肌はこの機能が低下しているのでちょっとした刺激によって肌にさまざまな影響が生じてしまうのです。

 

ですからこのバリア機能がどうして低下しているのかがこの肌質を改善していくうえでの重要なポイントとなるわけですが、その最大の理由が乾燥なのです。もともと乾燥肌と敏感肌は共通している部分が多く、乾燥が進行すればするほどバリア機能も低下して刺激に対して弱くなってしまいます。

 

角質層にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が含まれ、水分が蒸発しないよう溜め込んでいます。とくにセラミドは角質細胞同士を結びつける働きを担っており、細胞が整然と並ぶ構造を維持しています。この構造が維持されていれば水分を保つ能力もバリア機能もしっかりと働くのですが、保湿力が低下して乾燥すると角質細胞の並びがバラバラになってしまい生じた隙間から水分が逃げ出すとともに外部からの刺激が角質層の内部への侵入するようになっていくのです

 

このメカニズムからも敏感肌は乾燥が進行することによってバリア機能が極端に低下した状態だということがわかります。この乾燥は生まれつきの肌質だけでなく誤ったスキンケアや老化などによっても進行するため、スキンケアや生活習慣の改善といった対策をしっかり行っていくことが大事です。逆に言えばケアさえしっかり行っていけば敏感肌を改善していくことも十分可能なのです。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング