無添加と敏感肌

無添加の定義って? 敏感肌にはホントに良いの?

敏感肌向けに限らず現在スキンケア製品市場で重要なキーワードとなっているのが「無添加」という言葉です。とくに低刺激を売りにした製品にこの言葉が使用されており、いかに肌に負担をかけずに安心して使用できるかをアピールしています。

 

無添加美容液など、無添加の化粧品は敏感肌によいのか、といわれればよいと答えることになるでしょう。ただ無添加の定義や概念は曖昧な面もあるので製品を選ぶ際にはその内容をよく確認しておくことが大事です。

 

「無添加」とは添加物が使用されていないという意味です。一方では添加物とは何なのかと聞かれるとはっきりとした定義ないとしか答えようがありません。メーカー側が使っていない添加物を並べ立てて「無添加」といえばそれが無添加化粧品となるわけです。市場にたくさんの無添加化粧品が売られている理由のひとつがこうした曖昧な定義によるものなのです。

 

化粧品の分野で一般的に添加物として扱われているものは石油系の合成界面活性剤、防腐剤、鉱物油、合成香料、合成着色料などです。これらを使用していない製品は無添加ということになるわけですが、どれを使用していないかは製品によって異なります。違う言い方をすればこれらの添加物のうちひとつでも使用していなければ無添加化粧品として扱うことができるのです。ですから、ある無添加化粧品では合成界面活性剤は使用していないけど防腐剤は使用しているのに対して別の無添加化粧品では逆のパターンというケースも成り立つわけです。

 

こうした曖昧な面もあるため、無添加だからといって必ずしも敏感肌によいとはいえない面もあるのです。また、添加物はまったく無駄なものというわけではありません。合成界面活性剤は水と油を溶け合わせるのに必要なため、油分が多い化粧品に役立ちますし、防腐剤は製品の品質を維持するために使用されます。

 

ですから無添加だからよい、敏感肌は無添加の製品を選ぶべきだというわけでは決してなく、最終的には自分の肌質と合ったものを選ぶという極めて当たり前の結論となります。情報に惑わされず、無添加かどうかはあくまで製品を比較検討していくうえでのひとつの判断材料として頭に入れておくようにしましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング