春と化粧品かぶれ

春に化粧品かぶれを起こしやすいのはなぜ?

春になると化粧品かぶれをはじめとした肌トラブルを起こしやすくなります。とくに敏感肌の方の中にはようやく冬の乾燥した季節から脱して暖かい季節が訪れたと思ったら肌トラブルを抱えてしまった、そんな悩みを経験したことがある方も多いはずです。

 

その理由はひとつではなく、さまざまな要素が複雑に絡み合って原因をもたらします。まず空気の乾燥。暖かくなってくると乾燥も和らぐ印象もありますが、じつは春先はまだまだ空気が乾燥しています。東京では1月と4月の湿度があまり変わらないというデータもあり、暖かくなってきたからと油断して冬場に行っていた乾燥対策をやめてしまうと乾燥によるバリア機能の低下が起こり、化粧品かぶれを起こしやすくなるというわけです。

 

それから天候不順。とくに4月半ばくらいまではいかにも春らしい暖かい日が来たかと思うと一気に冬に逆戻りしたかのような寒い日が訪れることがよくあります。寒暖差が激しい環境だと肌の健康状態も不安定になり、刺激に対して敏感になりやすくなるのです。この点は体の冷えや腸内環境の悪化による免疫力の低下といった体の不調も深くかかわってくるので注意が必要です。

 

乾燥とは別に空気の変化が起こるのも大きな理由のひとつです。花粉症に悩まされる方が増えているといわれますが、春先になると花粉をはじめとしたアレルゲンが空気に含まれる量が多くなり、それに対して免疫機能が過剰に反応することで肌荒れを起こすようになります。この点に関してはもともとの体質的な面もあるので対策が難しいのですが、先にあげた免疫力の低下を防ぐといったスキンケアだけではなく健康状態そのものの維持と改善が求められます。

 

最後にストレス。春といえば新入学、就職、転職、異動といった環境の変化が起こりやすい時期です。慣れない環境でストレスに晒される機会が多くなりますし、親睦のための飲み会の機会も増加することで体調管理も難しくなります。その結果これまで何度か触れてきたような体の免疫機能が低下し、化粧品かぶれを引き起こしてしまうケースも多いのです。このように、春特有の気候や生活環境が肌に悪影響を及ぼしてしまうこともあるので入念なケアが欠かせません。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング