敏感肌のクレンジングと洗顔

肌に負担をかけやすいクレンジングと洗顔・・・注意したいポイントは?

敏感肌のスキンケアでもっとも肌に負担をかけやすいのがクレンジングと洗顔です。逆にこの2つのやり方が間違っているために乾燥と敏感な状態が悪化してしまっているケースも少なくありません。

クレンジングは、刺激の少ないジェルやクリームタイプがオススメ。

まずクレンジング。これは方法だけの問題ではなく、メイク環境とも深くかかわってきます。カバー力に優れた落ちにくいファンデーションを使用しているとクレンジングでしっかり洗わないとうまく落ちないため肌の負担が大きくなります。まずはシンプルなメイクでクレンジングの負担をかけないメイク環境を心がけることが第一です。

 

また、クレンジングのタイプではオイルクレンジングがもっとも洗浄力に優れている一方、肌への刺激が強くなるデメリットも抱えています。敏感肌の方はジェルタイプクレンジングクリームを使用し、肌への摩擦に気をつけながらやさしく洗っていくようにしましょう。順番を変えればこうした洗い方で十分落とせる範囲でメイクを行っていくのが基本といえます。

摩擦による刺激に気を付けて洗顔を!すすぎも時間をかけてしっかりと!

一方洗顔方法についても刺激を最小限に留めることが大前提です。まず肌質に合った洗顔料を選ぶこと。どうしても清潔意識が先立って洗浄力が強すぎる製品を選んでしまいがちです。その洗顔料に配合されている成分だけですでに肌にダメージを与えてしまっている可能性もあるのです。それから洗い方では指でゴシゴシとこすって摩擦による刺激を与えないようにすること。そのためにはよく泡立てから洗うことが重要です。基本は泡の吸着力で汚れを毛穴からかきだし、表面から浮き立たせることで落としていきます。しっかり泡立てさえすれば指は泡を塗布するために肌に軽く触れる程度で十分なのです。泡立てネットを使用するなど、事前に十分に泡立てられる準備を心がけましょう。

 

最後にすすぎ。クレンジングと洗顔両方に共通したポイントですが、すすぎが不十分なためにせっかく落とした汚れや洗浄成分が肌に残ってしまうこともあります。これが刺激になるほか、毛穴を詰まらせると肌荒れやニキビの原因にもなります。洗うのと同じくらいすすぎにも十分に時間と手間をかけるようにしましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング