敏感肌のファンデーション

何に気を付けて選べば良い?敏感肌のファンデーション

敏感肌の方のスキンケアにおいて最大のポイントとなるのがファンデーション選びです。いくら基礎化粧品選びにこだわって肌への負担を減らしてもファンデーション選びで失敗するとせっかくの対策も十分な効果を得られず、肌荒れなどのトラブルを抱えてしまう恐れが出てきます。敏感肌のファンデーション選びでは肌に優しく、日々の生活の中で無理なく使い続けられるものを選んでいく必要があります。

添加物に要注意!肌に優しく、無理なく使い続けれるものを。

まず注意したいのは添加物の存在です。合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、合成ポリマーといった物質は肌に刺激を負担をかけるので敏感肌の使用には適さないとされています。基礎化粧品ではこうした添加物を一切使用していない製品が多いのですが、ファンデーションでは完全無添加というのはほとんどなく、大半の製品では何かしら添加物が使用されています。これはファンデーションの効果や品質を維持するためにどうしても必要なことがあるためで、選ぶ際には成分表示をよくチェックしてできるだけ使われていないものを選びましょう。

ファンデーションのタイプは一長一短。自分の肌質や状態を見極めよう!

この点はファンデーションのタイプを選ぶ際にも重要なポイントとなってきます。たとえばカバー力に優れ、化粧崩れを起こしにくいメリットを備えているリキッドファンデーションは油分が多く使用されており、水とうまく溶け合わせて品質を維持するために合成界面活性剤を使用しているケースが見られます。また、保湿成分など美容成分を配合したファンデーションも増えていますが、配合された成分の品質を維持するために防腐剤が使用されているケースも少なくありません。ファンデーション選びの際にはこうした効果と背中合わせに存在する刺激のデメリットにも目を向けておく必要があるわけです。

 

それから落としやすいかどうか。リキッドタイプやクリームタイプは化粧崩れを起こしにくい一方、落としにくくクレンジングが不可欠というデメリットを抱えています。一方パウダータイプは落ちやすい一方崩れやすく、塗布する際に摩擦による刺激が生じやすいというデメリットがあります。一長一短な面もあるため、自分の肌質を見極めたうえでもっとも適した製品を選んでいくことが求められます。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング