敏感肌のメイク術

敏感肌のメイク術のポイントは?

敏感肌の方は刺激に敏感なためメイクもままならない悩みを抱えてしまいがちです。そのためまずメイクに耐えられる肌環境づくりを重視することが重要なポイントとなります。

基礎化粧品選びは低刺激がポイント。まずはメイクに耐えられる肌作りを

そんな敏感肌のメイク術の基本は化粧品選びです。ファンデーション(※敏感肌のファンデーション)はもちろん、基礎化粧品選びの段階から肌に合った低刺激のものを選ぶこと。敏感肌のせいでファンデーションが使えないと悩んでいる方の中には基礎化粧品の段階で肌に負担をかけてしまい敏感な状態を悪化させてしまっているケースがじつに多いのです。ですから、基礎化粧品の段階で肌質にあった適切なものを選ぶことで敏感肌の状態が大幅に改善されてこれまで使えなかったファンデーションが使えるようになることもあります。現代人の乾燥・敏感肌は生まれつきの要素よりも生活習慣によるものの方が大きいといわれるだけにこの点をメイク術の原点としておきましょう。加えて肌に負担をかけない適切な洗顔方法も踏まえておけばメイク前の準備は万全です。

ファンデーションの厚塗りは問題がい!シンプルなメイクを心がけよう

そして実際のメイクではシンプルなメイクを心がけること。乾燥によるシワやたるみが気になるからといってファンデーションを厚塗りするのは問題外、基礎化粧品もできるだけシンプルなものにするのがポイントです。これは摩擦による負担を避けるためです。シンプルなメイクに徹するなら基礎化粧品をオールインワン化粧品で行い、あとはファンデーションを薄く利用するだけ、という選択肢もあります。ただトラブルを抱えやすい敏感肌の場合はオールインワンゲルだけでは対応できない部分もあるため、目元美容液やワセリンといったトラブルを抱えている部分をピンポイントでケアできるアイテムもうまく使いこなしましょう。

 

シンプルケアに徹する理由としてもうひとつ、メイク落としの際の肌への負担も挙げられます。たとえばリキッドタイプのファンデーションはカバー力に優れ化粧崩れを起こしにくいメリットを備えていますが、崩れにくい一方落ちにくいため、クレンジングの際に肌に負担がかかってしまいます。できるだけ落ちやすく、クレンジングと洗顔で刺激を与えないファンデーション選びが求められるのです。こうしたメイク術の基本を踏まえたうえで敏感肌に適したメイク環境を整えていきましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング