敏感肌のケア用品

敏感肌のお手入れケア用品

敏感肌の方は日常生活のさまざまな場面で肌にダメージを与えないよう、日ごろからしっかりケアを行っていく必要があります。化粧品はその基本のケアとなるわけですが、それ以外にも活用すると役立つお手入れケア用品もあります。

紫外線のダメージを防ぐために日焼け止めは必須!

まず日焼け止め。これは絶対に必要なものです。敏感肌の方は肌のバリア機能が低下しているため紫外線のダメージを受けやすくなります。その結果活性酸素が増加して老化と乾燥がますます進行したり、真皮層で肌を支えているコラーゲンを破壊することでハリと弾力の低下をもたらすといった問題を引き起こします。つまり敏感な状態が紫外線のダメージを受けやすい状態にし、紫外線がますます敏感な状態を悪化させてしまうという悪循環をもたらしてしまうのです。

 

敏感肌の方が日焼け止めを使用する際にはケースバイケースを踏まえて適した製品を使い分けること、そして肌への刺激も考慮すること、この2点が重要です。日常生活ではPA++、SPF30程度の紫外線カット効果が適しているといわれますが、長時間の外出や日差しが強い夏場には十分ではなくなる可能性もあります。ただ効果に優れた日焼け止めほど肌への刺激も強くなるため、日焼け止めだけでなく帽子やサングラス、日傘、ロング丈の手袋といったグッズとうまく組み合わせることも大事です。

水分を維持するためにしっかりとフタをしよう!

それから肌の乾燥を防ぐためのお手入れケア用品。バリア機能は肌表面の皮脂膜や角質層内のセラミドによって維持されていますが、それらは同時に肌から水分が失われるのを防ぐ役割も担っています。そのため敏感肌の方はバリア機能だけでなく水分を維持する機能も低下しているのです。そのため水分が失われないようしっかりフタをすることもスキンケアの大事なポイントです。これを不十分だといくら化粧水や美容液で保湿成分と水分を補ってもすぐに失われてしまいます。フタをするには乳液やクリームが適していますが、乾燥がかなり進んでいる方や炎症を起こしている方はより低刺激で高い効果が期待できるワセリンがオススメです。少々ベタつくのが難点ですが、数百円程度の安価で購入できますから、肌荒れがひどい部分のピンポイントのケアに用意しておくと役立ちます。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング