敏感肌の化粧品選び

敏感肌の化粧品選びのポイントは?

敏感肌の方はまず肌に刺激を与えない化粧品を選ぶことが大前提です。いくら巷で評価の高い製品でも敏感肌に合わない製品を使ってしまうとかえって肌を傷めてしまう恐れがあります。ですから肌質に合って負担をかけない、そしてできれば敏感肌の改善に役立つような製品を探していくことが化粧品選びのポイントとなります。

保湿効果を重視して基礎化粧品を選ぼう!

最初のポイントはやはり保湿効果。敏感肌の最大の原因となるのが肌の乾燥です。化粧水や美容液といった基礎化粧品を選ぶ際には保湿効果がどれだけ充実しているかを確認しておきましょう。とくに敏感肌の方は角質層内のセラミドが不足気味のケースが多く、それをどれだけうまく補っていけるかがケアのポイントとなります。セラミドの配合量はもちろんのこと、セラミドの種類についてもよく見ておきましょう。それからヒアルロン酸コラーゲンといった他の保湿成分も重要です。

 

それからとくに敏感な部分や肌荒れを起こしている部分に重点的なケアができる製品を使用すること。ベースとなる基礎化粧品に加えてワセリンや乳液、クリームなど乾燥した部分にピンポイントでケアできるものをひとつ用意しておくと敏感肌の改善に役立ちます。また、その際には使い心地も大事なポイントです。ワセリンなどバリア機能の改善効果に優れた製品は油分が多くベタつきやすい傾向があるため、毎日使用することを考えると心地よく使えるものを選ぶことが大事だからです。

添加物をチェックして、シンプルな製品選びを心がけよう!

一方、肌への刺激と負担を最小限に留めるためにはできるだけシンプルな製品を選ぶことも必要です。この点に関してはまず添加物のチェックをしっかり行うようにしましょう。石油系の合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、着色料といった添加物が使用されていないかどうか。とくにファンデーションに使用されているケースが多いので要注意です。防腐剤のような製品の品質を維持するためにはどうしても必要なものもあるので絶対に無添加でなければらないとは言いませんが、少ないに越したことはありません。

 

あとは有効成分がなるべく大きく含まれていないこと。たくさんの有効成分が含まれていればその分効果も期待できそうですが、肌への刺激が強くなります。こうした点を考慮したうえで自分にあった化粧品を選んでいきましょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング