敏感肌の食べ物

敏感肌の食生活のポイントって?

敏感肌はスキンケアだけでなく体の内からのケアも大事です。刺激に敏感なため思うようにできないスキンケアを内からのケアで補うためです。そんな内からのケアの鍵となるのが食生活の改善です。

 

敏感肌にとって良い食べ物と良くない食べ物があり、前者を積極的に摂取しつつ後者を控えることがまず大事です。

ターンオーバーが乱れがちな敏感肌は、体を冷やす食べ物に要注意!

まず良くない食べ物では体を冷やす食品。敏感肌の方はターンオーバーが乱れがちなため、体を冷やすと血行が滞りがちになってますます症状が悪化してしまいます。それを防ぐためにも冷たい食べ物、飲み物には要注意。朝食はサラダだけで済ませている方や夏場に冷たい飲み物を多く飲む方は改めましょう。

 

それから刺激の強い香辛料。体の内面への刺激も敏感肌を悪化させる大きな要因です。刺激といえばもうひとつ、アレルギーにも注意しておきたいところです。小麦や卵といった食品にはアレルゲンの可能性がある物質も含まれており、免疫力が低下した敏感肌の方が摂取すると肌荒れや湿疹といったアレルギー反応をもたらす可能性もあるのです。こうしたアレルギーは肌トラブルだけでは済まないことも多いので気をつけましょう。

ビタミンB群と亜鉛が健康的な肌へと導く

一方良い食べ物ではビタミンB群亜鉛が含まれた食材が代表格です。とくにうなぎやレバー、牡蠣といったビタミンB群と亜鉛が豊富に含まれた食べ物がオススメです。これらの成分を摂取することで肌のターンオーバーが活性化され健康な肌が作られやすい環境へと導くことができます。他にはブロッコリー、ジャガイモ、パセリ、キャベツ、イチゴなど。他にもビタミンCが含まれているレモンやビタミンAが含まれているにんじん、ほうれん草などもオススメです。なお、冷たい食べ物を避けるポイントとも関わってきますが、ビタミンを食事で摂取する場合には火を通して食べたほうが効果的です。調理方法にもひと工夫欲しいところです。

 

こうした食べると良い食べ物と避けたほうが良い食べ物に関する知識を踏まえた上で食生活の見直しを行っていくことも敏感肌対策のひとつの柱となるでしょう。

敏感肌で使ってみたい化粧水口コミ評価ランキング